グループ会社案内

ISO・社内取組

米盛建設株式会社

ISO・社内取組等


品質方針

顧客要求事項を十分把握し、安全性・信頼性の高い製品を常に改善・改革に努めながら提供する

ISO9001

ISO9001とは品質マネジメントシステム(Quality Management System)のことです。

建設工事の発注者は、請負業者を締結する時、工事目的物の品質性能のほかに、その建設業者に対する信頼感も考慮に入れています。ISO9000sでは、顧客である発注者の立場に立って、建設業者が施行する工事目的の品質を保証するための管理・運営体制である品質システムとその規格を定めています。

この品質システムはISO9000sの根幹をなす用語ですが、「品質管理を実施するために必要となる組織構造、手順、プロセス及び経営資源」と定義されています。

品質ISO登録証(品質).jpg 品質ISO登録証審査(品質).jpg

環境方針

米盛グループは、事業を通して地域社会の環境保全と地球環境保全の配慮に努めるとともに、「持続可能な発展」に寄与するため、環境に優しい企業活動を継続的に行う

ISO14001

ISO14001とは、環境マネジメントシステム(Environmental Management System)のことです。

環境ISOと品質ISOとの関係は、組織のマネジメントシステムの構築、PDCAサイクルの活用など、骨格の考えは結構共通したところがあります。しかし、品質ISOが顧客を対象にしているだけなのに対して、環境ISOは地球、住民を含む利害関係者をその対象としているため、より広い観点が必要となります。他にも、法規制との絡み、緊急時の対応など細かい配慮が求められます。

環境ISO登録証(環境).jpg 環境ISO登録証審査(環境).jpg

OH&S方針

『米盛グループ[米盛建設㈱、日研高圧平和キドウ㈱]は、経営理念に基づき、事業活動を通じて、顧客の要求する品質の建築物及び土木構造物を提供し、これに係る労働災害の発生の防止を図るため、さらなる労働安全衛生活動を確立し、事業活動に関係する全ての人々の協力を得て、労働安全衛生の向上とマネジメントシステムの継続的な改善を行う』
そのために次の事を実行します

  1. 負傷及び疾病の予防目的として、目標達成、是正活動、内部監査、マネジメントレビュー等によって、労働安全衛生マネジメントシステムとパフォーマンスの継続的改善を行います。
  2. 労働安全衛生における危険源に関して、法規制・業界の規範及び自主的な基準の要求事項を明確にして順守します。
  3. 労働安全衛生の目標、実施計画を策定し、労働安全衛生活動を推進します。労働安全衛生方針は、目標の設定及び見直しの枠組みとなるように設定します。
  4. 労働安全衛生方針は全グループ社員及び関連するすべての構成員に周知するとともに、社会情勢や環境の変化に応じて適切に見直しします。
  5. 労働安全衛生方針は、一般の人々が入手可能なように米盛グループHPにて公開します。

2013年2月1日

米盛建設株式会社 代表取締役 米盛庄一郎

日研高圧平和キドウ株式会社 代表取締役 米盛司郎

労安ISO登録証(OHSAS).jpg
労安ISO登録証審査(OHSAS).jpg

労働災害防止対策について

米盛グループでは、労働災害の「完全無災害の達成」を基本理念として、建設業労働災害防止協会鹿児島分会の指導のもと、各社・各部・各々その地位役割において、労働災害に真剣に取り組んでいます。

労働災害防止については、すでに策定されている「安全管理規定」「安全管理者必携」を指針として、安全管理体制の確立、安全教育の徹底を推進しています。

特に工事現場における毎日の安全施工サイクルの確実な実行、安全委員会及び各社が実施する安全パトロールによる現場指導の徹底、毎月1回の安全衛生委員会による現場での労働災害防止対策の検討、現場安全教育の実施等を推進して労働災害防止に努めています。また、交通事故防止の徹底を図ると共に、現場事務所・休憩所等、環境美化に努め建設業のイメージアップを図っています。