グループ会社案内

工場案内・実績

日研マテリアル株式会社

工場案内・実績等


工業設備概要 

工場敷地面積 5,100m2
バッチャープラント
(日工製) 
操作方式
全自動リモートコントロール方式ミキサー
2.75m強制2軸式
計量方式 : 全自動ロードセル方式
製造能力 : 公称180m3/H 
原材料貯蔵設備
  • セメントサイト
  • 200t(N)×1
  • 100t(BB)×1
  • 80t(BB50t、予備30t)×1
  • コルゲートサイロ
  • 500m 3 ×6
  • コンクリートサイロ
  • 200m 3 ×1
  • 混和剤タンク
  • 8,000L(FRP樹脂製)×2
  • 6,000L(FRP樹脂製)×2
  • 4,000L(FRP樹脂製)×2
  • 水槽
  • 工業用水(150t・50t)×1 
試験設備
  • 3,000KN(油圧式堅型)1基
  • 型枠(圧縮)
  • 直径 12.5×25 : 54本
  • 直径 10×20 : 108本
  • 型枠(曲げ)
  • 15×15×53 : 6本
  • スランプ試験器具一式 : 4基
  • エアメーター : 4基
  • 塩分濃度測定器具 : 1式
  • 試験練用ミキサー : 1基
  • 養生用水槽8.3m 3 : 1基
  • 恒温水循環装置 : 1基
  • その他 JIS工場常備品完備 
輸送設備 10t車 : 12台
4t車 : 1台 

高品質と誠実なサービス

社会環境の急激な変化や人々のライフスタイルの変化に応じて社会のニーズも急激に変化し、多様化しています。
都市部の集合住宅は超高層住宅が中心になり超高層RC造りの建物には、高い強度のコンクリートが求められます。
私たちはこれらの需要に応え、高強度コンクリートの大臣認定を取得し、常に設備の機能向上や製品の品質向上に取り組み、お客様の事業に貢献したいと思っています。
特に、グループ企業の日研高圧平和キドウ㈱の製品であるPC橋の桁・建築部材としてのPC壁等の高強度コンクリート製品には、当社の高強度生コンクリートを納入し、グループ内で高い製造技術や安定した品質を追求するなどシナジー効果を大いに発揮し、絶えず研鑽を重ねています。また、様々なデザインや大規模な空間を提供する商業施設、社会的・文化的な資産としての価値が求められる公共施設等にも、安定した高品質の生コンクリートを提供し信頼を頂いています。
今後とも資源の節約や廃棄物の削減等、環境に配慮した経営を続けると共に、品質の向上と誠実なサービスで企業の社会的責任を果たしてまいります。